人気ブログランキング


広告旅行関係





ブログランキング


カウンター

広告

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スクリプト用




サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2008 姫路菓子博1 | トップページ | 2008 姫路菓子博3 »

2008 姫路菓子博2

キッコーマン高砂工場に到着でも、売店で醤油を購入するだけの予定…実は事前に予約を取らないと工場見学が出来ないんです。そして私達が行こうとした日付はすでに団体の予約が入っていて工場見学をお断りされていました

024

折角なので限定品を売店で購入することは出来るかどうか聞いてみると、それに関してはOKの返事がもらえまして、その為に工場に入りました。

026

係りの人に何故だか工場見学されますか?と聞かれ、事前に無理だと断られた事を伝えましたが、丁度団体さんが到着するので一緒に見学してもだと言われラッキー

027

まずはこの体育館のようなとこに入ります。

028

中には売店とキッコーマン関係の商品がどっさり

029_2 030

031 032

しょうゆについての説明書が配られ、工場の歴史や現在の醤油についての説明があります。ひめが書記係りを務めてくれまして、すごく助かりました。

237

キッコーマン高砂工場は甲子園6,5個分 8万坪の敷地面積。年間1万人の見学者が訪れます。キッコーマンのしょうゆの三分の一を生産。

039

また、日本一のしょうゆ生産量(日本のしょうゆの10%)で、名古屋~九州鹿児島までのしょうゆを作ってます。アメリカにも工場があり、以前までは生産量世界一はこの高砂工場でしたが今ではアメリカ工場が世界一になったそうです。

045

しょうゆ作りは1661年から始まり現在では100ケ国で作られていて、国内1400社ほどあり、大手5社と呼ばれてる生産の割合は キッコーマン 26% ヒガシマル 5% マル金 3% ヤマサ 11% ヒゲ田 5%

048

しょうゆの原料は大豆(うまみ)小麦(味とかおり)食塩(保存がきくように、赤穂の塩利用)で作られてる。仕込み:大豆(蒸す)+小麦(イル)に麹菌をいれ食塩水を入れるともろみになり発酵熟成させる。

049

しょうゆは主に5種類
①濃い口しょうゆ(大豆と小麦半々 食塩16%)⇒約6ケ月熟成
②薄口しょうゆ(大豆小麦半々 食塩18~19%)⇒約3ケ月熟成 うまみを出す為、仕上げに甘酒を入れる
③たまり醤油(大豆90% 小麦2%ほど)
④しろしょうゆ(小麦がほとんど)
⑤再仕込みしょうゆ(大豆小麦半々 生のしょうゆで再仕込みをする)甘露しょうゆとも呼ばれている

051

いろいろな説明の後、高砂市についてや、もちろん醤油に関してのビデオを見てから、工場見学が始まります。

050

見学場所は2箇所ほどで製麹室と呼ばれる醤油麹を作るところと、仕上げのもろみをしぼる所です。

055

最初の説明も含め工場見学は約90分です。見学を終えると、最初の場所に戻ってきてお土産を買ったりして終了です。

034

こちらが工場でしか販売されて無い醤油です。

037

御用蔵醤油とは、明治41年3月宮内省大膳寮御用達許可され、宮内庁御用を拝命いたしました。キッコーマンが伝統的醸造方法を保存するために、特別に建設した御用蔵工場で醸された昔ながらの醤油

厳選された良質の原料を使い1年以上もの間、豊かな自然環境の下で熟成させた醤油の逸品、澄みきったむらさきの色あい、塩味を感じさせないまろやかな味、深い香味を、つけ かけ醤油として心行くまで御賞味下さい

と横に書かれていました。

057

もちろんお買い上げ みかん宅で早速味見をしてみたんですが「美味しい感じがする…」と全員の意見他の醤油と比べるともっと違いもわかるかもしれませんが、普通の醤油より手間隙かけて、厳選された原料で作られてるので、やっぱり素晴らしく美味しいのだと思います

239 240

これが工場見学記念としてもらえる醤油とうちのご飯シリーズ和風オムレツです。勉強にもなるしお土産も貰えるし工場見学ってオススメですよ

242

こちら高砂工場の外側なんですが、川が流れていて

063

工場のフェンスのあちらこちらに、このような看板がありました。すごく気になったので(私がだけですが…)1人外に出て川を覗いてみると

064

沢山のめだかが泳いでますっていっても写真には写らなかったんですが久々に自然のめだかが見れました

066

現在 キッコーマン高砂工場では月水金しか工場見学をやってないみたいです。必ず予約が必要ですよ

工場見学を終えて次の目的地姫路のお菓子博へ、お昼ごはんはネットで検索して姫路駅近くの和食のお店に決めてたんですが、キッコーマンに向かう時の信号で停まったのが、このお店の横でして、なんとなくみんながこのお店に惹かれた様子

083

姫路でのランチをやめて、このお店で食べようってことになりました。どんなお店なのか…ドキドキ状態で駐車場へ

084

和風ステーキ 梅はら
住所:兵庫県高砂市百合丘138-1 
電話:079-443-4906
営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00
定休日:年中無休

085

店内はこんな感じです

090

帰ってきてからネットで検索すると、かつめしなどもオススメだったみたい

089

私達の注文したやつを作ってるところです

091

私とうりすけはハンバーグ定食 1050円

093
ステーキ屋さんのハンバーグってどうしてこんなにジューシーで柔らかくて美味しいんでしょサラダにかかってる自家製ドレッシングも美味しかったですし、偶然に見つけたこのお店がこんなに当たりだとは

ひめとみかんは梅はら弁当 1050円

095
私も一口いただきました。ステーキソースがニラ入りの和風ぽい感じでめちゃめちゃ美味しい!このステーキソース売ってたら絶対に買ってきたと思います。ランチだからこの値段で食べれるんでしょうねー近くにあったら定番のランチ店になってるだろーなぁー

いよいよ菓子博へ 続く…

☆★☆★☆人気ブログランキングへ♪☆★☆★☆

和風ステーキ 梅はら (ステーキ / 荒井)
★★★★ 3.5

« 2008 姫路菓子博1 | トップページ | 2008 姫路菓子博3 »

☆食べ遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008 姫路菓子博2:

« 2008 姫路菓子博1 | トップページ | 2008 姫路菓子博3 »